早期放牧のメリットと注意点 | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|
ブログトップイメージ

HOME > お知らせ(ブログ)

お知らせ(ブログ)

2020/04/20

カテゴリー: 放牧酪農について

早期放牧のメリットと注意点

まだ朝夕は寒さはとれませんが、日中は暖かくなり過ごしやすくなってきましたね。
北海道も石狩地方は雪解けが早く、こちら当別町では道路のアスファルトが丸見えです(*_*)
放牧の時期も近付いてきました。そこで今回は早期放牧のメリットと注意点をお話させて頂きます🐄

<メリット>
●乳牛のストレス解消、乳牛の運動量UPすることで乾物摂取量もUP↗ 
●スプリングフラッシュを抑制することで短草管理が容易になる
●不食過繁草を減らすことで良質な放牧草を維持できる
 →放牧地を有効利用することで、購入飼料を低減させます

<注意点>
●短期放牧→長期放牧へ段階的に行う
●過放牧による泥濘化や放牧地の荒れを避ける
●天候の様子を見て雨風を避ける 雨風よけの寝床やシェルターを準備
●採食量を確認し、不足分はラップサイレージ等の粗飼料を補充する
●飲用水は充分に確保

早期放牧を始める際はぜひ参考にしてみて下さい✍

・・・お話は変わりますが・・・
コロナウイルス拡大の影響もあり外出自粛が続いていますね。ファームエイジでも外勤を引き続き自粛させていただきます。皆さまへは大変ご不便をおかけします。電話では通常通りの対応をしております。いつもお客様のことをおもって活動していますので、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。


お問合せはこちら