ブログトップイメージ

HOME > お知らせ(ブログ)

お知らせ(ブログ)

2017/07/06

カテゴリー: 野生動物対策について»電気柵について

意外と知られていない?エゾシカの牧草被害

北海道ではすっかり1番草の刈取りが終わっています。
6月中旬ごろは、当別でもあちらこちらで牧草ロールが転がっている、北海道らしい風景が見られました。今回は、そんな牧草とエゾシカ被害についてのお話です。

(さらに…)

2017/06/26

カテゴリー: 野生動物対策について»電気柵について

こんな使い方も!ぶどう畑の野生動物対策フェンス

今回はぶどう畑の野生動物対策フェンスにスポットをあてます!
あまり知られていない(と思われる)ぶどう畑における電気柵や、その野生動物被害状況について調べてみました。

(さらに…)

2017/03/10

カテゴリー: お客様の声»商品について»野生動物対策について

お客様の声)ファームキャプチャーを使って Vol,1 道内自治体関係者様より

こんにちは! 営業部の本間です!

今回は、ファームキャプチャーの先行試験設置にご協力いただいた自治体担当者様のコメントをご紹介♪

私たちファームエイジにとっても、新たなシステムを使った挑戦でしたが、果たして・・・?

(さらに…)

2017/01/31

カテゴリー: セミナー»野生動物対策について

道北よりお客様(エゾシカセミナー)

昨日、道北方面よりエゾシカに関するセミナーを受けにお客様が来社されました。

弊社顧問で酪農学園大学教授の赤坂教授にもお越しいただき、
2時間程度、座学にて行いました。

主にエゾシカの生態やセンサーカメラ(ファームキャプチャー)を用いた罠の管理方法について
学んでいただきました!(ファームキャプチャーはこちら

5名程度の少人数だったので、皆さま積極的にご質問を頂きました。

遠いところ、本当にありがとうございました!

ファームエイジでは引き続き、このようなセミナーを受け付けています。

来春の捕獲に向けて、皆様をサポートいたしますよ♪

お気軽にお問合せください!

2016/11/15

カテゴリー: 野生動物対策について

我が社の「ハンター」?

北海道では10/1からシカ猟が解禁になっております。(可猟期間等(北海道環境局
unnamed

(鳥獣統計資料;北海道庁)
が、近年、狩猟者の高齢化や道外在住者からの狩猟登録の減少が問題となってきています。許可捕獲(有害駆除)は増えているものの、報償金なしでは駆除数の継続は難しく、エゾシカによる農業被害を長期的に抑えるためには、やはり狩猟者数の底上げが必須ともいわれています。

 

当社にはこれら免許保持する女性社員(いまどきでいうと「狩りガール」)がおります(^<^) また狩猟だけにとらわれず、シカ捕獲に関わる幅広い知識を専門的に取得するシカ捕獲認証制度『DCC1』も取得。

今後、北海道のシカ問題に深く関わり、さまざまな対策を提案していくことになるかと期待しています。
unnamed-1unnamed-2

一般的には「狩猟」なんてかけ離れた世界、と考えがちですが、野生動物問題は、いまや身近で、深刻な問題です。

正しい知識をもって、真剣に取り組む若い世代が育ってくれることを願っています。
ファームエイジは、専門知識を深めた人材育成とともに、さまざまな野生動物対策を提案させていただきます。