Slider

放牧酪農を包括的にサポートします

  • ファームエイジの放牧酪農トータルサポートは、牛が生まれた哺育期から、実際に放牧する育成期、次世代に命をつなぐ成牛期まで、牛の一生を包括的にサポートいたします。

FAR夢 放牧酪農トータルサポート

  • 放牧酪農を包括的にサポートします

  • ファームエイジの放牧酪農トータルサポートは、牛が生まれた哺育期から、実際に放牧する育成期、次世代に命をつなぐ成牛期まで、牛の一生を包括的にサポートいたします。

    それは電気柵やネットフェンスなどのハード面だけでなく、草地改良や牛群改良、放牧のノウハウを勉強するセミナー、専門家による経営・事業診断、先進地ニュージーランドの視察など
    側面的なサポートも行っています。

    放牧酪農をこれから始められる方、既に行われている方にとっての一助となることを願っております。

放牧のために ファームデザイン

放牧への機運が一層高まっている昨今ですが、とても重要な「放牧のためのデザイン」が見落とされがちです。
その各ポイントについて、確認していきましょう。

  • 牧区レイアウトの基礎

  • POINT
  • 放牧を最大限に活かすために 電気柵

  • POINT
  • 牧草地における野生動物対策

  • POINT
  • 放牧地のゲートを考える

  • POINT
  • 牧道の整備

  • POINT
  • 水槽設備の重要性

  • POINT

デザインを行う前には、事前の準備がとても重要です。
設計を検討されている場所の航空写真や、飼養頭数、牧草地の面積、草種、土壌、牛の能力、就労人数など。
一つ一つの設計が日々の作業や生産性に直結します。
ともすれば、放牧することで逆に効率が悪くなり、負担になってしまう場合も考えられますので、弊社専門スタッフがアドバイスをさせて頂きます。

放牧をより深める ファームエイジの取り組み

  • グラスファーミングスクール
  • POINT
  • ニュージーランド・北海道酪農協力プロジェクト
  • POINT
  • ニュージーランドスタディツアー
  • POINT