[牛群管理システム]スケールウェイ~体重測定システムと電子タグ管理システム~ | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|
Slider

        

スケールウェイとは?

牛の成長の見える化と従来の酪農畜産の現場にあった手間や時間を削減することができる「次世代型の牛群管理システム」です。
大きく以下の4つのシステムから成り立っています。
[牛群管理システム]スケールウェイ~体重測定システムと電子タグ管理システム~

 

1,体重測定システム

目視や経験から推測していた体重を数値ではっきりと管理。
さらにMiHub(マイハブ)との連携で瞬時にクラウド上で共有されます。

2, RFID 管理システム

電子個体識別タグ(RFID)とスティックリーダーを用いて、誰でも簡単、正確に個体情報をデータで管理できます。

3,体重管理クラウドシステム
MiHub(マイハブ)

集計されたデータは素早くクラウド上でグラフ化されます。
数字を把握することで、日々の変化に合わせた意思決定のチャンスを逃しません。

キャトルヤードシステム

体重測定や個体管理を行う上で、家畜の行動を管理(アニマルハンドリング)する技術も重要です。頭数や設置状況に応じて自由自在にレイアウトを決めることが出来ます。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

大切なポイント

  • なぜ体重が大切?

     体重は牛の生育状況を示す大切なバロメーターです。継続的に管理することで、発育状況管理、飼料設計、販売時期の決断に利用できます。また、体重には目標値が必須です。
    例えば、「親牛になったときの生産性把握の指標」を設けたとします。達成できなかった個体は難産、搾乳量の減少、さらにその後の繁殖不良につながる可能性がある個体として、識別したり、対策を講じることができます。

  • [牛群管理システム]スケールウェイ~体重測定システムと電子タグ管理システム~
  • 個体管理をするメリット

      頭数が多ければ多いほど、一頭あたりに対応できる作業時間は限られてしまいます。ですが、同じ環境で飼育しても個体によってそのパフォーマンスが異なってしまいます。また、そのパフォーマンスは常に変化していることも忘れてはいけません。だからこそ、長い期間にわたって個体を把握し、それに合わせた飼育をする必要があります。しっかりとした個体管理は、成長課題の早期発見だけでなく、疾病管理、出荷後のトレーサビリティなど、多岐にわたって牧場全体にメリットをもたらしてくれます。

  • [牛群管理システム]スケールウェイ~体重測定システムと電子タグ管理システム~

サポート体制)私たちがお答えします。

ファームエイジでは、スケールウェイを確実な利益につなげて頂くためのサポート体制を構築しています。
専門スタッフが使用方法から目標設定まで、幅広くお手伝い致します。詳しいパンフレットもご用意しておりますので、まずは、お気軽にご相談ください。


[牛群管理システム]スケールウェイ~体重測定システムと電子タグ管理システム~


お問合せはこちら