段数の選び方(電気柵のみ) | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|

HOME柵の設計・見積ポイント>段数を確認する

段数を確認する

  • 段数とは、
    「電気柵において、支柱1本あたりに架線するワイヤーの数」のことです。

    例えば、イノシシ対策の場合、段数は2段張りが標準です。
    ですが、生息密度が高い、被害が多い地域では2段張りでは侵入されてしまう恐れがあるため、3段張り以上が望ましい場合があります。

    また、放牧においては、同じ家畜でも月齢によっては体が小さいため、段数を多めにすることをおすすめします。

用途 対象動物 段数(標準)

野生動物
対策
イノシシ 2段張り
シカ 3段張り
クマ 3段張り(被害が多い地域はトリップ仕様がおすすめです。詳しくはお問合せください)
サル 7段張り
小動物
(アライグマ、キツネ、タヌキ、ハクビシン※)
4段張り(※ハクビシンの場合、トリップ仕様がおすすめです。詳しくはお問合せください)

畜産動物
(放牧)
ウシ 2段張り(子牛の場合、3~4段をおすすめします)
ヒツジ 4段張り
ブタ 3段張り
ヤギ 5段張り
ウマ 3段張り

※上記の内容は標準的な仕様です。地形、対象動物の月齢などその他要因によって変わる場合がございます。
詳しくはお問合せください。
※角杭は木柱だけでなく、コーナーポールを使用するパターンもございます。詳しくはお問合せください。

設置イメージ

  • アライグマ対策電気柵(4段張り)
  • シカ対策電気柵(4段張り)
  • シカ・アライグマ対策電気柵(6段張り)
  • クマ対策電気柵(3段+1段張り)


お問合せはこちら