コーナー(角杭)の本数(電気柵、フィールドフェンス) | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|

HOME柵の設計・見積ポイント>コーナー(角杭)の本数の選び方

角杭(かどぐい)の本数

  • 角杭(かどぐい)が必要になるのは、
    「設置ラインの折れ点」のことです。

    特に中山間地の場合、傾斜や起伏が多く、設置ラインの形も複雑に曲がっている場合が多く見られます。

    そのような段差や急なカーブなどには、しっかりとした角杭を設置し、負荷がかかっても柵全体が歪まないようにする必要があります。

  • ここからはイラストを基に考えていきましょう。
    今回、電気柵の設置を検討している圃場はイメージの通りです。
    そうすると、カーブが急だと想定される箇所は、
    オレンジの丸(●)の箇所となります。
  • 「ウチは山際を一直線に張りたいから、角杭はいらないってこと?」といったお問合せをいただくことがあります。
    短い距離であれば不要な場合もありますが、角杭が少なすぎると、負荷がかかりすぎてしまい、柵全体が歪んでしまう恐れがあります。

    設置環境にもよりますが、100mに1本程度設置することをおすすめします。

設置イメージ

  • 木柱+リング碍子を使用(簡易電気柵)
  • コーナーポール26型を使用(簡易電気柵)
  • 鉄柱を使用(フィールドフェンス)
  • 木柱を使用(フィールドフェンス)


お問合せはこちら