ブタ(豚)| 電気柵・フェンス| | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|
HOME > 取扱商品対象動物 > ブタ(豚)| 電気柵・フェンス|

ブタ(電気柵)

  •  
  •  ブタを放牧する場合、畜舎の中、または小さめのパドックで1〜2週間ほど馴致を行い、電気ショックを学習させる必要があります。馴致済みのブタがいれば、馴致済みでないブタとペアにすることで、早く電気柵を学習します。鼻を使って地面を掘り起こすので、こまめに柵を点検し、電気柵を管理しましょう。

 

   ブタ用電気柵 設置イメージ

  • [ 簡易電気柵/ソーラーパネル仕様 ]

  • [ 簡易電気柵/マルチポール仕様 ]

  • [ フィールドフェンス×電気柵 ]

 ブタ用電気柵 標準仕様イメージ/構成要素

  • 本器
  • ワイヤー
  • 支柱
  • 碍子
  • ゲート(出入口)
  • 表示板
  • テスター
  • 水槽(トロフ)
    「電気柵を張りたいけど、どんな資材が必要なの?」、「初めて設置するけど、一人でも大丈夫?」、「電気柵って人が触れても大丈夫?」など、電気柵に関するお問い合せやご購入は以下からご確認ください。

ページトップへ戻る

 
 
 

ブタ(フィールドフェンス(金網))

 こじ開け防止に下段を折り曲げる「イージーベンダーフェンス」を使用するのが効果的です。
また、電気柵を併用することで心理効果も増します。

 ブタ用フィールドフェンス 標準仕様イメージ/構成要素

  • 対象フェンス
  • フェンスの特徴
  • フェンスを設置するために
  • 施工手順

ページトップへ戻る