<

HOME > 取扱商品対象動物 > シカ(鹿)| 電気柵・フェンス|

シカ(電気柵)

  •  
  • シカ用電気柵は3段張りを基本とします。シカからの視認性が高いホワイトロープ(丸線)またはリボンワイヤー(平線)を使用します。特に被害の多い地域では4段から5段張りをお勧めします。

※風の強い地域ではホワイトロープ(丸線)をお勧めします。 
※体格の小さいホンシュウジカは、すり抜け防止のため4段張りをお勧めします。

 

   シカ用電気柵 設置イメージ

  • [ 簡易電気柵/3段張 ]

  • [ シカ・アライグマ兼用電気柵/6段張 ]

  • [ 簡易恒久電気柵/3段張 ]

   シカ用電気柵 標準仕様イメージ/構成要素

  • 本器
  • 12Vバッテリー
  • ワイヤー
  • 支柱
  • 碍子
  • ゲート(出入口)
  • 表示板
  • テスター

 
 
 

    「電気柵を張りたいけど、どんな資材が必要なの?」、「初めて設置するけど、一人でも大丈夫?」、「電気柵って人が触れても大丈夫?」など、電気柵に関するお問い合せやご購入は以下からご確認ください。

ページトップへ戻る

 
 
 

シカ(フィールドフェンス(金網))

跳躍力の高いシカの侵入を防ぐには、フィールドフェンスの高さを2m以上に設定するのが基本です。
また、低いフェンスの上部に「しのび返し支柱システム」を用いて電気柵をプラスすることで、低かったフェンスでもシカに対応することが出来ます。

   シカ用フィールドフェンス 標準仕様イメージ/構成要素

  • フェンスの特徴
  • フェンスを設置するために
  • 施工手順

ページトップへ戻る