「本器が動かない」、「電気が流れない」などのトラブルの際の確認事項を簡単にまとめました。
少しでも素早く対応・改善ができるよう以下の手順に沿って、ひとつずつ確認し、問題を解消していきましょう。

1.ファームエイジの修理保証期間(3年間)について

ファームエイジ株式会社の電気柵本器は全てお買い上げ日より3年間の無償修理保証付きです。(ホームセンターなど一部販売店の場合は1年間保証)お買い上げ頂いた電気柵本器には、ファームエイジだからこその安心とサービスがついています。取扱説明書または本体貼り付けラベル等の注意書に基づくお客様の正常なご使用上のもとで、 3年間の保証期間中に万一故障した場合に何度でも無償修理いたします。

無償修理保証 4つの安心

  • trouble_shooting_icon01
  • trouble_shooting_icon02
  • trouble_shooting_icon03
  • trouble_shooting_icon04

無償修理保証 サービスの流れ

trouble_shooting_nagare00

修理保証内容

修理保証の対象は「電気柵本器のみ」となります。※付属品や消耗品(付属バッテリー等)は保証対象外となります。

「修理保証に関するご注意」下記のような場合、保証期間内でも有償修理になることがあります。

  • trouble_unable_02
    落雷による故障
  • trouble_unable_04
    水没による故障
  • trouble_unable_06
    落下等の衝撃による故障
  • trouble_unable_08
    お客様による改造・修理 など

2.本器ごとに症状を確認しましょう

ご使用の本器のボタンをクリックし、まずは症状ごとの点検個所、その対処方法を確認しましょう。

3.柵に問題が? よくある間違った設置事例

電圧が低下する原因は本器だけでなく、設置の仕方によって漏電などのトラブルを引き起こす可能性があります。
よくある事例をまとめましたので、ご参照ください。当てはまる場所があれば、即座に解消するようにしましょう。
また、電気柵は定期的な点検が必要です。電圧テスターを使って定期的な電圧チェックを心がけましょう。

  • アースがきちんと打ち込まれていない →アース不足やアース自体の劣化につながるので必ず全て打ち込むようにしましょう。アースが不足している場合は、アースを追加して下さい
  • 砂利や砂などが多い場所に設置している →乾燥しやすい土地はアース不足になりやすく、電気ショックが弱まるので設置を控えましょう
  • 支柱に直接ワイヤー巻きつけている →漏電の原因になるので、必ず電気柵専用の碍子を使用しましょう
  • 電気柵専用の碍子を使用していない →漏電の原因になるので、必ず電気柵専用の碍子を使用しましょう
  • ワイヤーが雑草に触れている →漏電の原因になるので、定期的に草刈りを行いましょう
  • ワイヤーの巻きつけがあまい →スパークし、ワイヤーの劣化や断線の原因となるので、しっかり結びましょう
  • 本器を袋などに包んでいる →湿気がこもってしまい、故障の原因になりますので、やめましょう

4.症状が改善しない。修理を申し込みたい

上記項目を全て確認しても症状が改善しない場合、修理が必要な可能性があります。
お手数ですがこちらより、修理依頼をお申し込みください。お申し込み後、1営業日以内にお電話にてアフターサービス担当者より折り返しお電話致します。