簡易柵(電気柵) | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|

簡易柵(かんいさく)とは

 獣害対策などでは最もスタンダードなシステム。
FRP製のポールと柔らかいポリエチレンと金属線が編み込まれたポリワイヤーを使用することで、施工性が高く、コストも抑えた簡易的なシステムです。特に、初めて電気柵を設置される方や、家庭菜園など中・小規模圃場におすすめのシステムです。
冬期間など使用しない期間は回収・撤去することで、積雪の多い地域でも破損を防ぐことが出来ます。

簡易柵(かんいさく/電気柵)

  • ※m単価は税別表記です。イノシシ対策、周囲400m、出入口1か所、標準的な仕様で算出した場合の参考値です。

設置方法(動画)

柵の特徴

(※以下の内容は目安です)
耐久性・・・高いものは常設、低いものは使わない時期は回収が必要になる場合があります。
導入コスト・・・資材費用の目安になります。起伏や傾斜などの設置環境により異なります。
施工性・・・簡単なものは自力で、難しいものは、業者に依頼が必要になる場合があります。


対象動物

構成要素

※①、②はコーナーポールまたは木柱を使用する2パターンがございます。

商品名 備考
①コーナーポール 中空構造の26型または38型を使用
②専用クリップ 26型または38型を使用
①木柱 市販品や立ち木を使用
②碍子 木に取り付けれる木柱用の碍子を使用
③ポリワイヤー 対象動物や距離に応じたものを使用
④グラファイポール 線間隔保持 打ち込みます
⑤クリップ 段数の追加、高さ調整が簡単
⑥危険表示板 目立つところに設置
⑦ゲートハンドル 出入口用の開閉ハンドル

※上記の内容は標準的な仕様です。地形、対象動物の月齢などその他要因によって変わる場合がございます。
詳しくはお問合せください。
※角杭は木柱だけでなく、コーナーポールを使用するパターンもございます。詳しくはお問合せください。

設置イメージ

  • イノシシ用電気柵(2段張り)
  • シカ用電気柵(3段張り)
  • シカ・アライグマ用電気柵(6段張り)
  • ウシ(放牧)用電気柵(3段張り)

お問合せはこちら