柵の種類(電気柵、フィールドフェンス) | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|

柵の種類

  • ファームエイジがご提案する柵の種類は、
    大きく分けて以下のようになります。
    それぞれ特徴がありますので、対象動物や設置環境によって
    適切なタイプを選ぶのがポイントです。
  • 柵の種類(電気柵、フィールドフェンス)
クリックすると開きます

電気柵(心理柵)(簡易柵、簡易恒久柵、恒久柵、プロフェンス)

動物になれることのない痛み(電気ショック)を経験させて、動物の心理的バリヤー(警戒心)により
柵に近寄りがたくさせる柵のことです。
動物が衝突した際に破損しにくい柔軟性のある柵で、適正な電気が流れていること、動物に合わせた柵の使用することが重要です。

(※以下の内容は目安です)
耐久性・・・高いものは常設、低いものは使わない時期は回収が必要になる場合があります。
導入コスト・・・資材費用の目安になります。起伏や傾斜などの設置環境により異なります。
施工性・・・簡単なものは自力で、難しいものは、業者に依頼が必要になる場合があります。

  • 簡易柵(電気柵)
  • 簡易恒久柵(電気柵)
  • 恒久柵(電気柵)
  • プロフェンス(電気柵)

クリックすると開きます

フィールドフェンス(物理柵)(鉄柱仕様、木柱仕様)

 緊張ができる特殊なネットフェンスです。緊張することで、柵の強度が増すだけでなく、ポスト(支柱)の間隔を広げることが出来ました。
ライトタイプは軽量で、施工がしやすく、専用施工道具を使用することで安価で誰にでも張ることが出来ます。電気柵を併用することで野生動物防除にも、より効果的に対応できます。

(※以下の内容は目安です)
耐久性・・・高いものは常設、低いものは使わない時期は回収が必要になる場合があります。
導入コスト・・・資材費用の目安になります。起伏や傾斜などの設置環境により異なります。
施工性・・・簡単なものは自力で、難しいものは、業者に依頼が必要になる場合があります。

  • 鉄柱仕様
  • 木柱仕様

柵の設計・見積のポイント

ご自身で柵の設計や見積を行う上でのポイントをご説明します。詳しくはこちら


お問合せはこちら