ブログトップイメージ

HOME > お知らせ(ブログ)

お知らせ(ブログ)

2016/12/20

カテゴリー: NZプロジェクト»放牧酪農について

連載3:「ニュージーランド北海道酪農協力プロジェクトから学び、変革したこと」

20161216-2

放牧酪農家さんの改革報告 その③

「濃厚飼料給餌量は7.6kgから2.8kgへ」

各牧区に水槽を設けたり、牧道も自主施工で整備したり、一応教科書どおりになるように農場整備も行いました。
プロジェクトで受けた指摘が多すぎて、半信半疑ではありましたが、1年目、少し改善し、数字が少しよくなりました。
2年目、もう少し改善すると、さらに数字がよくなりました。そして、3年目、こうなったら言われたことをできるだけ全部やってやろう!、と。
20161220

濃厚飼料は1頭あたり7.6kg/1日与えていた初年度から、3年目には2.8kg/1日まで減らすことができました。
1日に得られる牧草量を把握できたことで、牛の要求量を満たすために必要な補助飼料の量を割り出すことができます。
自給飼料からの乳生産高は、949kg/頭・年から4,644kg/頭・年へと大幅に上げることができました!

 放牧圧を高めたことにより、予備として兼用地にしてあった牧区の草はほとんど余ることになり、それらはすべてサイレージへ回しました。過去、乳房炎で捨てていた乳も、いまではほとんどありません。
すべてがいい方向へ転換し、経営状況も改善され、現在、年間利益はおよそ300万円増える予想となっています。

 多くの方に、このプロジェクトの指摘や結果をお伝えし、それを知ったその日から、自分にできるところからの改善をぜひおすすめしたいです。

最終的には今回のグラスファーミングスクールのタイトルでもある「儲かる放牧酪農経営」を一緒に目指しましょう!

2016/12/16

カテゴリー: NZプロジェクト»放牧酪農について

連載2:「ニュージーランド北海道酪農協力プロジェクトから学び、変革したこと」

20161216-2
この掲載内容は、第33回グラスファーミングスクールでの報告の一部です。

放牧酪農家さんの改革報告 その②「放牧草はきっちり調べて有効活用」

 もともと放牧酪農を行っていましたが、プロジェクトでは、これでもか、というほどのダメ出しをされてしまいました。
サイレージ同様、放牧草も短草利用が鉄則。

放牧圧を高めてもっと草の有効活用をといわれ、1牧区1.5~2haの放牧地の中をさらに細かく区切りました。

また、各牧区をライジングプレートで草量をきちんと測り、伸びた牧区に牛を放すようにしました。

順番通りの牧区に移動させるのではなく、状態の草が整っているところに放すのです。

20161216-1

※写真は当社デモファーム(手に持っているのがライジングプレートメーター/デジタルタイプ

また、栄養価の高い草を維持するため、放牧が間に合わないところは「トッピング」といって、早目にする掃除刈りを行いました。これはニュージーランドでは定着している手法らしく、
当農場では5月の連休の放牧開始時に、すでに穂が上がった草があったため、一番草刈り作業の前に放牧地のトッピングも行いました。

つづく

前回:連載1はこちら

2016/12/15

カテゴリー: NZプロジェクト»放牧酪農について

連載1:「ニュージーランド北海道酪農協力プロジェクトから学び、変革したこと」

先日、第33回グラスファーミングスクールが終了いたしました。

その中で「ニュージーランド北海道酪農協力プロジェクト」の調査に協力いただいた放牧酪農家さんより電撃的な改革報告がありました。具体的な数字が見えたことによって、プロジェクトの指針が実証されたことになります。

その報告を一部ではありますが、ぜひ皆様にご紹介したいと思います。当社が目指す「放牧酪農の普及」を願って。

 

20161215-1

 

放牧酪農家さんの改革報告 その①「栄養価の高い短草利用が鉄則」

北海道のサイレージはニュージーランドのものと比較して、栄養価が低いことが明らかになりました。
その原因は生産量(労力)を重視するため、一般的な年2回の牧草刈りにあるといいます。

プロジェクトでは、年3~4回に分けて刈り取ることを指摘されました。伸びて穂が出たような草の状態では栄養価が下がってしまうため、草丈30~40センチでの刈取りを求められたのです。

20161215-2

たくさんの年間作業がある中で、その作業スケジュールをすぐに変えることは難しいものですが、当農場では、今年、刈り取りを2回から3回に変更しました。5月末の一番刈りに始まり、おおよそ45日周期で3番までなんとかこなすことができました。

すると、3番草での栄養価を調べてもらったところ、

20161215-3

写真のような結果が出たのです! 

この数字は近隣地区では見たことのない結果。自分としてもとても驚きました。サイレージの栄養価が上がるということは、濃厚飼料を減らすことができる、ということです。

つづく

2016/12/06

カテゴリー: お知らせ

年末年始休業のご案内

いつも弊社をご利用いただき、ありがとうございます。
誠に勝手ながら12/28~1/4の期間は休業とさせていただきます。

また、年始の営業は1/5 10:30~とさせていただいております。お客様にはご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

nenmatu2016

※休業日の前後は発送が込み合う可能性がございますので、余裕をもってご注文をお願いいします。