簡易恒久柵(かんいこうきゅうさく)とは

コーナーポスト(防腐処理済の木柱)とFRP製のポール、フェンシングワイヤー(高張力鋼線)を採用することにより、恒久柵の泣き所だった施工にかかる手間を画期的に軽減しました。

FRP製のポールはしなりやすく折れにくいため、動物などが衝突した際の衝撃を最小限に軽減することができます。

ネットフェンスや木柵などの物理的な強度をもたせる柵とは異なり、電気柵ではこの柔軟性が非常に重要になります。

短~中距離向け
プロユーザー向け
自力施工可能
m単価¥575~

※m単価は税別表記です。イノシシ対策、周囲400m、出入口1か所、標準的な仕様で算出した場合の参考値です。

柵の特徴

(※以下の内容は目安です)

耐久性
高いものは常設、低いものは使わない時期は回収が必要になる場合があります。
導入コスト
資材費用の目安になります。起伏や傾斜などの設置環境により異なります。
施工性
簡単なものは自力で、難しいものは、業者に依頼が必要になる場合があります。

対象動物

  • イノシシ
  • シカ
  • クマ
  • サル
  • 小動物
  • ウシ
  • ヒツジ
  • ブタ
  • ヤギ
  • ウマ

構成要素

※①、②はコナーポールまたは木柱を使用する2パターンがございます。

標準イメージ
カーブ、折れ点イメージと出入口イメージ
コーナーポスト
防腐剤注入 直径120mm以上
ネカセ
防腐剤注入 直径120mm半割
コーナーポスト用碍子+緊張具
巻取式緊張具 碍子付き
フェンシングワイヤー
直径1.6または2.0mm
グラファイポール10型
線間隔保持 打ち込まない 対象動物に応じたものを使用
クリップ10型バトン
1段目、3段目に使用 段数の追加、高さ調整が簡単
クリップ10型
2段目に使用 段数の追加、高さ調整が簡単
グラファイポール13型
固定柱 バトン5本おきに設置
クリップ13型(フック式)
ワイヤーをポールに固定
危険表示板
目立つところに設置
平行連結金具
ワイヤーの連結に使用
ジョイントクランプ
ワイヤーの上下連結に使用
木柱用ポリ碍子
木柱用碍子
バンジーゲート
出入口用の開閉ハンドル 幅3.5-7m
ケーブル保護管
内部にアンダーグラウンドケーブル
アンダーグラウンドケーブル
地中埋設ケーブル

※上記の内容は標準的な仕様です。地形、対象動物の月齢などその他要因によって変わる場合がございます。詳しくはお問合せください。

※角杭は木柱だけでなく、コーナーポールを使用するパターンもございます。詳しくはお問合せください。

設置イメージ

  • ウシ用(放牧)電気柵(3段張り)
  • シカ用電気柵(3段張り)
  • クマ用電気柵(3段張り)