[事例紹介]お客様より/アニマルトラップ1089の使い方をアレンジ | ファームエイジ株式会社|電気柵を用いた放牧・野生動物対策で持続可能な未来へ|
ブログトップイメージ

HOME > お知らせ(ブログ)

お知らせ(ブログ)

2019/06/03

カテゴリー: お客様の声»商品について

[事例紹介]お客様より/アニマルトラップ1089の使い方をアレンジ

お客様からアニマルトラップの使用方法について、
独自の工夫をされているということで、情報提供していただきました。
その内容をご紹介します。

茨城県の坂東市役所さまより、情報提供していただきました。

こちらの市役所様ではアニマルトラップMODEL1089 をご使用いただいています。
捕獲作業を行っていく中で、ごく稀に、捕獲された動物が暴れまわり、トラップを強く倒された衝撃等で前扉が開いてしまい、
脱走されるケースが発生したそうです。

そこで、以下のような工夫を加えられています。

前扉のストッパーの上に、ホースを輪切りにしたようなゴム製のものを取り付けています。
これにより、万一トラップを倒されたとしてもストッパーが上がりきらないようにできるとのこと。

 

基本的にトラップの転倒防止には、ペグ等で固定することを推奨していますが、
このような使用方法で、前扉が開きにくくすることに成功しているそうです。

様々な現場でのお客様の声や使用状況を参考に、より良い製品開発をしていければと思います。

 

※上記の情報はあくまで一例です。すべてのケースに対応できるものではありませんのでご注意ください。
※改造などの細工を加えすぎると、ゆがみ等が生じ、正常に作動しないことや、破損の原因になる場合がございますので、
お控えください。


お問合せはこちら