牧場のイラスト

私達は持続可能な農業を創造する放牧の専門家集団です。

お役立ち情報・ブログ

  • 第34回グラスファーミング…

    MORE

  • 【レポート】
    農家アンバサダー交流会報告…

    MORE

  • 社長のブログ
    (note)

    MORE

サービス

野生動物

未だ終息を見せない野生動物問題に対し、
「エゾシカ電気柵のパイオニア」としてこれからも新しい
挑戦を続けていきます。

MORE

畜産動物

どんなに時代が変わっても揺るがない
「原理原則を守る」スタイルの普及こそが、
私たちの願いです。

MORE

電気柵とは

MORE

野生動物対策

MORE

放牧関連

MORE

施工事例

MORE

ピックアップ情報

2022年度版総合カタログ

MORE

かんたん!すぐにできる!電気柵フィールドフェンス自動見積システム

MORE

私たちの取組

ニュージーランド北海道協力プロジェクト

ニュージーランド最大の酪農協同組合であるフォンテラとニュージーランド政府が出資し、日本の酪農家と共同で行う、北海道の放牧酪農に関する調査プロジェクトです。

MORE

ニュージーランドスタディツアー

ニュージーランドの最先端の放牧技術や豊かな農場文化を学んでいただくため、1985年より毎年実施しています。技術もさることながら、ゆとりある環境で育まれたライフスタイルは、いつも参加者を魅了しています。

MORE

電気柵・野生動物セミナー

全国の野生動物対策(獣害対策)に関わる一方、正しい知識や技術の習得の必要性を感じ、出前セミナーを開催しています。電気柵の使い方から安全性についてや、アライグマなどの中型動物の捕獲に関することなど、様々なテーマに沿って、全国各地で開催しています。

MORE

グラスファーミングスクール

日本でも本格的な放牧を学べる場を。その声に応えるべく、1996年より開催しているのがグラスファーミングスクールです。ここで第一にめざすのは、放牧の知識・技術に加え商品化、さらには経営全般に精通する、全方位型の”強い”酪農・畜産生産者の育成です。既就業者に限らず、幅広く志のある方々の参加を期待しています。

MORE

フィールデイズインジャパン

最も大きな目的は、環境に負荷をかけないモノづくりをしている生産者と、消費者や外食業者、流通業者をつなぐことです。地域の方々のご協力をいただいての手づくりイベントながら、初秋を彩る農業と食とエコロジーのイベントとして、定着しています。

MORE

当別町農村都市交流研究会

コンセプトは「世界に発信できる 夢のある農村モデルをつくりあげる」こと。新しい価値観と付加価値を持った人が農村に入れば、日本の農業は大きく前進するという想いがあります。

MORE

採用サイト

単にフェンスを売るのではなく、
フェンスを通して、日本の農業を変革しようとしています。

創業の精神である「フェンスで日本の農業を変革する夢」を
一緒に実現してくれる仲間を募集しています。